名前:ノリマキ
品種:日本猫雑種
性別:メス
愛称:ノリマキさん、ノリちゃん、チビちゃん、メラルー

出自:路上野良
誕生日:2007年4月上旬(推定)
保護日:2007年7月17日
保護地:名古屋市中村区 "駅西銀座"

体重:4.01kg (2008年5月現在)
体型:胴長短足小顔尾長
模様:黒白(背中側黒/腹側白)
鼻皮肉球色:ピンク(一部黒)
虹彩色:ゴールド

好物:チンゲンサイ、マグロ刺身、鶏ササミ
特技:"阿波踊り""百面相"



 真夏でもタキシード着用のマスク猫です。
 ノリマキという名前は、もちろん模様から名付けられました。背中側が真っ黒な海苔、お腹側が純白の銀シャリ、鼻や肉球がピンクのデンブでしょうか。白黒猫といっても、黒の比率が多く、背中は100%黒毛です。斜め後ろから見ると、ほとんど黒猫に見えます。明るい場所で見ると、うっすら縞模様が見えます。毛足は細く柔らかく極めて手触りの良いシルキータッチ。なでていると血圧が下がります。

 ハチワレというよりはマスク模様です。余りにも深々とした仮面模様は、まるで鉄兜をかぶっているかのよう。いつもビックリしたような表情をしており、一種独特の顔貌です。お世辞にも美人とは言いかねますが、愛嬌はあるほうだと思います。

 胴長短足小顔尾長です。身体を伸ばして寝ている姿はウナギのようです。
単純なジャンプ力、瞬発力など身体能力は特A級。にもかかわらず、どんくささも特A級。何かにつけ要領が悪く、高いところから足を踏み外してボトボト落ちてきます。駆けっこは速いのに、球技をやらせると全然駄目、そんなタイプです。

 性格はおっとりした箱入り娘。いたっておとなしく、何をされても怒りません。爪切り、歯磨きなどもされるがまま。これまで、フカーッ、シャーッなどと威嚇するのを見たことがありません。おとなしい猫ですが、遊びは大好き。放置しておくと、自分でオモチャを持ってきて、早く遊んでくれ、と催促します。人語理解能力はなかなか高く、2〜3歳児程度はあるような気がします。ききわけの良いお利口さんですが、何といっても猫ですから、人間の思うとおりにはなりません。

 我が家の3匹の猫の内、圧倒的ワガママ女王として君臨しています。片道4車線はあろうかという広い我が道の好きな場所を好きな時間に移動します。撫でろ、御飯よこせ、トイレ片付けろ、とにかく要求がうるさいです。自分の気分がよくないときに弟2匹にかまわれると「フーッ!シャーッ!」の連発。弟猫たちからは「姉ちゃん、ヒステリーだからなあ」と言われています。一方でツンデレ女王。撫でてやると、甘え方が尋常ではなく、いつまでもゴロゴロ喉を鳴らし続けます。家中で一番エライ人。




|TOP|INDEX|PROFILE|